桜餅

2018.02.06 10:10

こんにちは!聖ヨハネ病院スタッフです。

とても寒い日が続き、
冬が終わる気配などまだ感じられませんが、
聖ヨハネ病院はこの時期になると少し早い春が訪れます。

毎年恒例、本島院長のお取り寄せ「桜餅」です。

fb1

fb2

 

今年も本島院長の出身地である京都
「琴きき茶屋」から直送され、
スタッフ全員に一つずつ差し入れて下さいました。
いつものように送料・消費税は院長持ちで
スタッフも注文する事ができるので、
和菓子屋さんかと思うほどたくさんの桜餅が届きました。

なんとこの桜餅、あんこが入っておらず桜の葉ごと頂きます。
最初は驚きでしたが、今では桜餅といえば
この「琴きき茶屋の桜餅」です。

とても上品な味わいで、桜の葉の香りが何とも言えません。
京都の風情を感じる、素敵な和菓子です。

日々の業務に追われている中、
院長のお心遣いのおかげで、
ほっと一息つくことができました。

本島院長、いつもありがとうございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲Page Top

節分

2018.02.04 11:11

『鬼は外~福は内~!!』

こんにちは、聖ヨハネ病院スタッフです!

昨日は節分でしたね。みなさんも豆まきはされましたか?
聖ヨハネ病院では、昼食に節分の行事食を提供しました!

『邪気を払い、福を食べよう!』ということで、
恵方巻き風の太巻きと患者さんにの人気の稲荷寿司で助六寿司をメインに献立を考えました~
また、滅多にださない鰯の天麩羅も出来るだけ小骨をとり食べやすいようにお出ししましたよ。
≪献立≫
助六寿司(恵方巻き・稲荷寿司)
鰯の天麩羅
筑前煮
すまし汁
みかん
節分豆(甘納豆)

setubunn

 

 

 

 

 

いわしに含まれるEPA・DHAは、血中のコレステロールや中性脂肪を下げてくれる働きがあり、とても栄養価の高い食材です。患者さんもよく食べられていたので、これからも献立に取り入れたいなと思いました。
事前に患者さんと「南南東」はこちらの方角だから、こっちを向いてたべるね!なんて会話もあり・・・
節分の雰囲気を食事の面から感じてもらえたらうれしいな、と思います。
今日2月4日は「立春」暦の上では春~
まだまだ寒いですが、暖かい日が待ち遠しいですね♪

setubunn2      setubunn3

▲Page Top

明日は節分です。

2018.02.02 9:00

恵方巻

 

 

 

 

こんにちは。居宅職員です。明日2月3日は節分ですね。

節分と言えば、「豆まき」そして「恵方巻」………。

ところで節分に何故、豆まきを行い恵方巻を食べるようになったか

ご存知ですか?そもそも節分とはどういった意味でしょうか?

節分とは「季節を分ける」つまり「季節の変わり目」と言った意味です。

昔から季節の変わり目には「邪気」が入りやすいと考えられていたため

日本では平安時代に宮中行事として豆を撒いたことが始まりとされています。

豆(大豆)には「邪気を払う霊力」があると考えられていたそうです。

一方、恵方巻として現在のように全国的に広まったのは2000年代以降と言われています。

元々は大阪で流行したのが始まりとのことですが、節分に「巻き寿司」を食べるようになった時期はいろいろな説があり、古くは戦国時代にはすでにその風習があったとも言われています。

恵方(最も良いとされる方角)を向いて巻き寿司を無言で食すると縁起が良いとされています。

つまり、豆まきをして邪気を払い、恵方巻を食べて縁起を担ぐことで1年間良い年にしようとの意味合いがあるのです。

今年の恵方は丙(ひのえ)すなわち南南東の方向とのことですので皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

そして2018年が皆さんにとって素晴らしい1年となれば良いですね。

▲Page Top

もうすぐ節分

2018.02.01 12:29

こんにちは!メディカルビレッジ桃園 事務スタッフです!

 

早いもので、もう2月。

2月といえば節分です!

私が小さかったころは節分といえば『豆まき』だったような気がしますが、

いつの間にか『恵方巻き』を食べるという習慣も広がっていますね。

恵方巻きの中身は七福神にちなんで7種類の食材を入れるとよいそうです。

最近はロールケーキなどスイーツも恵方巻きとして食べても効果(?)はあるそうですよ(*^_^*)

節分の日は、夕食で恵方巻、デザートで恵方ロールを食べようかな~♪

 

2月3日のメディカルビレッジ桃園の昼食は節分メニューで恵方巻きと豆が出るそうです!(写真がないのが残念…)

今年の恵方は南南東!!

豆まきで邪気を追い払って、恵方巻きで福を呼びこみましょう☆彡

 

インフルエンザや感染性胃腸炎などが流行っています。

皆様くれぐれも体調に気を付けてお過ごしください。

 

▲Page Top

風大一時帰宅

2018.01.24 11:21

こんにちは。聖ヨハネ病院スタッフです!

風大がヨハネでの訓練のために一時帰宅しました!!

ふうた

 

 

 

 

 

今は「おやすみ」の訓練をしているそうです。
トレーナーさんが「風大、おやすみ」と声をかけると、座布団の上で伏せをして、「よし」と言われるまで動かずじっと待っていました。帰って来る度にできる事が増えていて、風大の成長を感じます。

ふうた3

 

 

 

 

 

今回も患者様やご家族様にたくさん撫でてもらい、
シッポが取れてしまうのではないか⁈というくらい
シッポをフリフリ、上機嫌の風大でした。

あるご家族様が「風大くん、あなたの帰りを楽しみに待っているからね」と声を掛けて下さっていて、聞いている私たちも嬉しく温かい気持ちになりました。

風大がいることで笑顔が生まれ、改めてアニマルセラピーの素晴らしさを実感しました。

風大がヨハネに復帰するまで一ケ月を切り、
楽しみな反面、少しの不安もありますが
風大とスタッフ一丸となり、よりよい病院づくりの為に努力して参ります。

ふうた2

 

▲Page Top

スペワ

2018.01.12 11:15

DSYH1Y1VAAEh5HYみなさん、こんにちは!事務所スタッフです。

早くも年が明けて10日ほど経ちました!!!

みなさんはどんな年越しの瞬間を迎えましたか???

自分の年末は去年いっぱいで閉園が決まっていたスペースワールドへカウントダウンに行ってきました♪”

人が多いと予想して早めに行きましたがすでにたくさんの人が…(-。-;)

園内は来場者の人が好きなとこにいろんな言葉や好きな絵を書いていました☆

それを見ると本当にみんなに愛された素敵なテーマパークだったなと思いました!

そして…27年間ありがとう(*´▽`*)

▲Page Top

謹賀新年

2018.01.01 12:00

新年あけましておめでとうございます。
医療法人はるか 本部 立川です。

歳を重ねる度、一年の経過が早く感じます。
今年のお正月は、鳥栖にあります
「鳥栖プレミアム・アウトレット」へ初売りに行ってまいりました。

基本的に、年末年始は自宅で寝て過ごす事がほとんどですが、
元旦くらいは正月らしいことをしたいなと思い、初売りと
初詣は欠かさずに行くことにしております。

天皇陛下の生前退位が正式に決まり、平成という元号で年を迎えるのも
今年を含め、あと一回となります。
昭和産まれの私ですが、平成と共に多くの事を学ばせていただき、
人生の多くを過ごした時代です。
今年も大きな争いや災害がないことを祈念しつつ、あと一年と少しの
平成を過ごしていこうと思います。

今後もご入居者様、ご家族様が心地よく過ごしていけるよう努力してまいります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

▲Page Top

2017.12.31 11:52

みなさんこんにちは!聖ヨハネ病院スタッフです。

2017年も今日で最後です。
事務のTさんがお正月用のお花で受付を華やかにしてくれました!!いつも本当に素敵です~

yohane5

 

 

 

 

 

遅くなりましたが、先日のクリスマスメニューです。

yohane6

 

 

 

 

 

クリスマスらしい豪華な献立にしました!
クリスマスケーキはほとんどの方が完食されていて、
とても喜んで頂いたようです。
明日はおせち料理!
厨房職員は、患者様に喜んで頂けるよう心を込めておせち料理の準備にとりかかっています!!

本年もお世話になりました。
来年も変わらぬご指導をくださいますようお願いいたします。

▲Page Top

風大のスクールライフ

2017.12.21 11:27

こんにちは!聖ヨハネ病院スタッフです。

風大の入学している学校のSNSを見てみると、
なんと遠足でスペースワールドに行っていました!
犬も入園できるようで、しかも観覧車にまで乗車した様子。

北九州っ子の風大くん、今年の年末で閉園されるスペースワールドに行けてよかったね!!

スペワ スペワ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな場所に連れて行って頂いているトレーナーさんには
本当に感謝です!!

たくさんのお友達に囲まれ、楽しいスクールライフを満喫しているようです☆

25日にはヨハネでの訓練のために一時帰宅が予定されており、とても楽しみです!!

▲Page Top

フットケア講座

2017.11.21 11:44

こんにちは、聖ヨハネ病院スタッフです。

聖ヨハネ病院ではスタッフの知識と技術の向上につながるように院内資格制度を取り入れました。
今年はフットケア講座とアロマ講座、二つの講座を実施しています。
職種は問わず色々なスタッフが受講しています。
講師は師長!!
学科と実技を行い、みんな和気あいあいとした雰囲気の中わからないことはどんどん師長に質問しています!

フットケア講座では「フットケアとは単なる”足のお手入れ”ではなく、人が自分らしく生きていくために重要な役割を担う”足”をとおして、その人の心に触れ、その人らしさを支えるケアである」ということを学びました。

よはね

 

 

 

 

 

実技ではペアになり互いに爪切りとフットマッサージを行います。
普段から患者様のフットケアを行っているスタッフとのペア。
「技術は間違いない!!」と信用していても、ニッパーで爪を切られる時はビクビクし、さらにペアのスタッフの爪を切る時は戦々恐々で、汗だくになりながら「切りすぎてないですか?痛くないですか?」と何度も確認しました。
フットマッサージでは力の加減がよくわからず、マッサージの方法を師長にレクチャ―してもらいました。
数分のマッサージで、夕方の浮腫んだ足がスッキリです!!

yohane2

 

 

 

 

 

 

フットケアを自ら体感すると、人に足を見せたり、触られたりすることは恥じらいもあり、気も遣います。
そして、ケアを行う側も相手が不快に感じていないかと常に気にかけていて、フットケアというのは互いの信頼関係で成り立つと感じました。

患者様により豊かな入院生活を送っていただくため、みんな技術を磨こうと必死です。
患者様に寄り添うヨハネスタッフの大きな愛を感じました。

▲Page Top