医師紹介

管 理 者 本島 由之
従 事 者 本島 由之、小林 郁夫、松岡 順之介

診療科目

内科 リハビリテーション科 緩和ケア内科

診療時間

14:00〜17:00 休診 休診

※土、日、祝・祭日は休診日となっております。
※受付は、営業時間15分前から終了時間の30分前までにお願いいたします。

入院について

患者様、そしてご家族を、スタッフ全員で真心込めてサポートいたします。

主な入院対象者
がんの患者様。
入院の条件
当院の入院基準を満たした方。
原則としてかかりつけ医か主治医の紹介状が必要です。ない場合もご相談ください。
入院中の治療
緩和ケア病棟では、治癒を目的とした治療は行いません。基本的に痛みや精神的な苦痛を取り除く治療を中心に行います。延命のみを目的とした治療や、不必要な検査は行いません。
入院中の費用
健康保険の規定により算定します(保険診療)。
入院までの流れ
当院では入院される前に、患者様もしくはご家族の方に来院して頂き、入院相談をお受けしております(要予約)。その際に、現在の病状や経過、入院の必要性や緊急性、患者様およびご家族の希望などをお伺いし、緩和ケア入院の対象となるか検討いたします。また、当院でのケア及び施設・費用などのご案内を行っています。

入院の希望があれば、紹介状をお持ちいただき、患者さんの面談に伺います。当院の入院判定会議にて入院の是非を判定いたします。入院判定会議の結果をご連絡いたします。入院日を決定させていただきます。

入院基準

  • 末期がんに伴う全人的苦痛があり、入院を要する場合。
  • 患者様およびご家族が、緩和ケア病棟では、積極的な治療を行わないことを理解されていること。
  • 患者様およびご家族が、緩和ケア病棟への入院を希望され同意していること。
  • 意思表明確認書を記載し提出できること。
  • 保険分の負担および特別な療養環境の提供に係る費用のことを、患者様もしくはご家族が十分納得していること。
  • 患者様が病気について理解していることが望ましい。
  • 患者様ご本人および他の患者様の尊厳を保つことができること。

退院基準

  • 患者様およびご家族が退院を希望しているとき。
  • 抗がん剤治療薬や放射線治療などの積極的な治療、延命措置を強く希望しているとき。
  • 在宅でのホスピスケアが可能であると判断されたとき(患者様またはご家族の希望がある)。
  • 患者様ご本人および他の患者様の尊厳を保つことができなくなったとき。
  • がん以外の病気を有し、その治療を優先する必要があるとき。

その他

  • 病院名に「聖」と付いていますが、基本的には無宗教です。入院患者様の宗教は問いません。

過去の入院者数(再入院は含まず)

  • 平成27年 115名
  • 平成28年 150名
  • 平成29年 166名
紹介元病院別患者数(平成29年1月〜12月の入院患者)
紹介元病院別患者数(平成29年1月〜12月の入院患者)
原発別患者数(平成29年1月〜12月の入院患者)
原発別患者数(平成29年1月〜12月の入院患者)

原発別患者数 その他

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオンとは…

直訳すると「第二の意見」です。受療者が主治医以外の別の医師から意見を聞いて判断の材料にするという仕組みです。決して第三者が主治医の方針を批判するものではなく、セカンドオピニオン外来の医師が中立的な立場で診断や治療方針に関しての参考的な意見を述べるものです。
これによって受療者が自分の意にかなった治療法を選択することの参考になります。

他院セカンドオピニオンを希望される方

現在、当院に入院中・通院中の受療者で、他院の医師にセカンドオピニオン希望の方は、主治医にお申し出ください。紹介状等必要に応じてお渡し致します。

当院セカンドオピニオン外来希望の方

①完全予約制です。お申込み頂いてから調整し、日時をお知らせ致します。
②主治医の紹介状とデータ等の資料をご持参ください。
③セカンドオピニオン外来では、検査・治療行為は行いません。

お問い合わせ 聖ヨハネ病院 医療連携室 TEL.093-562-7777(受付時間:平日/9:00〜17:00)

入院設備

全室個室、南向き。広々としたリビング&ダイニング。優しい光がふりそそぐ中庭。
そこに流れるゆるやかな時。すべては「こころ」と「からだ」のケアのために。

洋室タイプ 和室タイプ  中庭 リビング デイルーム 特別室タイプ  リハビリテーションルーム トイレ 浴室

当院では、出来るだけ病室をご自宅に近づけることを目標としています。お部屋のタイプは和室、洋室、特別室の3種類があり、全室個室で南向きに配置されています。どのお部屋にもテレビ、電話、エアコン、ミニキッチン(調理不可)、冷蔵庫、トイレ、バスを完備しています。
安心して入院生活を送っていただくために、差額ベッド代をいただいておりません(特別室を除く)。

アニマルセラピー

患者様と動物との触れ合いで、人々の心を癒やします。

セラピー犬 ドナルド

アニマルセラピーとは、直訳すれば「動物療法」のこと。実際に動物と触れ合うことで得られる効果を利用します。アニマルセラピーの効果は、社交性の向上、精神機能の向上、身体機能の向上の3つに大きく分けられます。患者様の感情の調整や意欲の向上、精神的苦痛の緩和などにも応用されています。

環境

心なごむ環境は、幸せな暮らしのための大切な要素。
家庭的な雰囲気のなかで、ご自分の家のように、ご自由にゆったりとお過ごしください。

板櫃川 到津八幡神社 到津八幡公園 到津八幡神社眼下の眺望

当院では、家庭的な雰囲気を大切にしたいと考え、患者様には出来るだけ普段着でお過ごしいただいています。看護スタッフも白衣は着ていません。ご自分のお家に帰られたときのように、玄関では靴を脱ぎ、ホッとなさってください。起床時間や消灯時間、外出も原則的に自由です。規則に縛られることのない、心からくつろげる空間をご提供したいと考えています。また、病院の周辺は豊かな自然と眺望に恵まれ、静かで心なごむ環境です。

食事

心から「食」を楽しんでいただくために。
栄養面はもちろん、「目で見て楽しむ」「食べて楽しむ」食事を心がけています。

当院の食事は、栄養面の管理だけでなく、「食すること」「目で見て楽しむ食事」をモットーに、専門の調理師と栄養士による、患者様各々に合わせた旬の食材を活かした季節感のある食事をご提供いたします。
また、食器は全て陶器やガラスを使用し、どこかの旅館やホテルに出掛けたような気分になれるよう、味気無い病院食の改善に努力しております。

フロアマップ

心豊かな生活を送っていただけるよう、採光を重視した設計。
吹抜から降りそそぐ光は、院内をあたたかく包み込みます。

フロアマップイメージ

医療相談窓口

入院・外来に関する内容・医療費等のご相談は事務室までご連絡ください。
必要に応じて専門のスタッフが対応致します。

【受付番号】093-562-7777【受付時間】平日9:00~17:00

▲Page Top